メビウス・ヒーリング&日常&インコ
【日浦裕次先生の公式ブログはこちら】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

アニメにヨーガを感じて

 

私は昔から、けらえいこさん原作の「あたしンち」という漫画が好きです。「あたしンち」は東京の四人家族(母・父・長女のみかん・弟のユズヒコ)の「タチバナ家」が中心になっているストーリーです。

 

アニメ放送もしていましたので、昔よくテレビで見ていました。

一般庶民の四人家族とその周辺の人物の会話やストーリーが「日常あるある」的で、とても面白いです(笑)

 

その中でひとつ、昔テレビで見ていたあたしンちの中に記憶に残るエピソードがありました。

※動画が非公開になってしまいましたので、別サイトのURLを貼っておきます。

gyao.yahoo.co.jp

 

 170話「ユズ、心のスイッチ」

 

私が注目したのは、ユズヒコが道を歩いているときに

 

「俺だって雨の日は憂鬱だけど、考えないようにすればいいんだ。つまり、心のスイッチをオフに…」と言うシーンです。

 

なんとユズヒコは雨の日の憂鬱さを考えないようにして歩きだします。しかも様々な危険を回避して学校までたどり着きます。

学校についてからも、女子がうるさいと感じたユズヒコは、再び「心のスイッチ」をオフにして、騒ぐ女子たちを相手にせず教室まで向かいます。人に話しかけられて、ようやくユズヒコの心のスイッチはオンになりました。

 

ですがユズヒコは、下校の時にも心のスイッチをオフにしたので、本屋に寄るのを忘れてしまいました。。。

 

というストーリーでした。

 

 

この動画に関するコメントの中には、「ユズヒコは周りに影響されないね」「参考になった」「中学生で感情のコントロールが出来るのはすごい」「心のスイッチは生活の中で必要だ」「羨ましい能力」

など、さまざまな意見がありました。

 

このユズヒコの「心のスイッチをオフにする」という行動は、「雨の日の不快感」や「女子の声がうるさい」という感覚・思いを感じないようにしているので、まるで感覚制御だなと感じました。

 

感覚制御は、古代インド哲学ではプラクティヤハーラと呼びます。

 

これを心を浄化するために必要なことの一つとして日浦先生から教えていただきましたが、過去に見たことのあるアニメでこの教えを感じるとは思っていませんでした(笑)

 

本当の自己に到達するための知識を一度知ると、この世の見方も変わってくるように感じます。過去に素晴らしいと感じていたものがどうでもよくなったり、昔からよく知っていたものの中に意外な点を発見するようになりました。

実は、あたしンちにはほかのエピソードにもマインドや想念の性質が表現されていると感じることがあります。そう考えると、すごい漫画ですね(笑)

 

 

騒がしい外側の世界より、静かで満ちている内側の世界のほうが、圧倒的に幸せです。

この世はまぼろしの世界です。まぼろしに期待をしないように、内側の世界に進みたいですね。

 

 

感覚が清まる時、知覚が芽生える。

もし知覚が優勢になれば、感覚を

嫌悪する様になる。すると欲望が

消え去る。そうなると、欲望を

消そうと言う努力も要らなくなる。

そして、欲望は人の本能だと言う

ウソを知る。

日浦先生のブログに是非お越しください。

rara-japan.hateblo.jp

 

 

日浦先生のヒーリングセミナーは終了しましたが、ラーラ北海道合同セミナーでは、日浦先生の教えを伝えるセミナーを札幌で開催しています。参加される方には、日浦先生の光・エネルギーが放射されるという奇跡の出来事が待っています。

「情念の章」✨次回開催は、2022年9月17日です。

rarahokkaido-okhotsk.hatenablog.com

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村